東北地方太平洋沖地震

大変な状況になっていますね。

 

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

一瞬にして命や生活を奪い去る災害、本当に怖い。

自然を前にして何もできない人の弱さを痛感します。

でも、それよりも今感じているのは悔しさ。

 

16年前、私の生まれ育った神戸で震災が発生しました。

私は愛知にいたけど家族や親戚が被災して、たくさんの

苦しみを味わったしたくさんの優しさに支えられました。

だから、こんな苦しみをこれ以上増やしたくない。

こんな辛い思いをする人が1人でも少なくあってほしい、

と思って被災地支援に関わってきました。

なのにこの惨状を目の当たりにすると、一体今まで

自分は何をやってきたんだろう、と思うと悔しくて

 しょうがない。

 

だけど、この2日間でたくさんの友達から連絡が

ありました。

「何ができる?」

「何かしたい!何がある?」

「何か情報はある?」等々

たくさんの気持ちが電話やメールで届きました。

 

でも、残念ながら今は一般のボランティアが

被災地に入るタイミングじゃない。

だからって何もできないわけじゃない。

現地に入って動けなくても、正しい情報を得て

それを周りの人に伝えることなら私たちにもできる。

そのために、少しの時間と力を貸して下さい。

 

以下に、私がずっと関わってきている被災地支援の

活動をしている団体のHPをいくつか紹介します。

現在、現地入りしているスタッフが正確な情報を

発信してくれ、随時情報を更新して行くはずなので

覗いてみて下さい。

重なる情報も多いかもしれないけど、知らないで

済んでいくよりは絶対いい。

その情報を、周りの1人でも多くの人に伝えて下さい。

 

震災がつなぐ全国ネットワーク

http://blog.canpan.info/shintsuna/

 

レスキューストックヤード

http://www.rsy-nagoya.com/rsy/

 

被災地NGO恊働センター

http://www.rsy-nagoya.com/rsy/

 

ハートネットふくしま

http://park12.wakwak.com/~heart/

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今の自分に、今できることは何なのか考え続けたい。

また、このブログでも伝えさせて下さい。

思いついたことがあれば、教えて下さい。

 

                   きよ



コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    sanaechan (土曜日, 12 3月 2011 15:51)

    キヨちゃん、ありがとう。おかげで募金するところが分かりました。何もできない私たちが今できることは募金が一番かなと思いました。でも今後何か私たち年寄りにもできることがあればぜひ教えてください。宜しくお願いします。

  • #2

    きよ (日曜日, 13 3月 2011 07:18)

    sanaechan
    コメントありがとう。
    連絡ありがとう。

    国民みんなで長期戦になるはず。
    みんなと一緒に考えたいね。

  • #3

    Q (金曜日, 18 3月 2011 15:04)

    きよちゃんの思い、私の心にもしっかり届いています。私もきよちゃんと一緒に、今できることを考えたいと思います。きよちゃんありがとう。

  • #4

    きよ (金曜日, 18 3月 2011 16:48)

    Qちゃん
    コメントありがとう♪
    こうやって、一緒にいなくても一緒に考えてそれぞれに
    できることをやっていけるって心強いね。